FC2ブログ

偶然なのか 必然なのか

本日は 昔話をしたいと思います。

パピー時代は 危険なくらい 好奇心旺盛
なんでもガジガジ噛んで
いたずらに悩まされた。
大型犬だけあって 破壊力も半端ない。

たふぃー君も昔は。。。
目を離すと。。。
↓。。。なんてことも。。。

僕はやんちゃだった

当初 サークルも用意したけど。。。

キレイにしてたな

4年後の現在は フリー。

サークル内は散歩用品の荷物置き場(笑)

下の写真のとおり いたずらどころか 
置物には 何も興味をしめしません。
とてもよいこです。

に持つ置き場となる

たふぃー君の生まれたお里のコたちの仔犬ちゃん
(同じブリーダーさんの親犬・兄弟犬)
成長過程のいたずら話が
懐かしく感じる。。。

飼われてるご家族は
先住犬 もしくは以前に ラブかゴールデンを飼ってる方が多い。

性格 相性を経験に基づいて
ドゥードルを家族に選んだんだろうなと思う。。。

だって うちもそうだから。

愛する家族

可愛すぎる 前のコの記憶。
これ以上愛せるコには 巡り会えない。。。
喪失感で犬はもう飼わないと 思うくらいに。


ふとある時
もう感じる事のできない 暖かさが無性に恋しくて。
どうしてもふわふわな毛をを触りたくなった。

そんな時ブログでたふぃー君をみつけたんだ。。。

たふぃー君と出会いを 思い返した。

思い出と偶然

そして昨日 前のコの姿を見たくなり
写真をみつけて びっくり!!

老犬の前のコが包まって使ったタオルケット。
そこには 仔犬時代のたふぃー君にそっくりなプリント。。。

仔犬の思い出

きっと 無意識だけど
君をどこかで 求めたのかな。。。

以下 
ブリーダーさんのブログの引用

昔、私が子どものころ、飼っていた雑種犬たちのように、
亡くなってから何年経ってもあの犬はいい犬だった…って
飼い主さんの胸に生き続けるような
理想の雑種犬を作り出せたらいいな、と思ってます。

うんうん そうだよね。。。
きっと たふぃー君とは運命の出会いなのだ
としみじみ思うのです.。

スポンサーサイト
[ 2017/01/07 02:50 ] 思い出 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

るるるるるんるん

Author:るるるるるんるん

最新トラックバック